鎌ヶ谷 伊勢屋

どら焼き 通販|鎌ヶ谷 伊勢屋

商品カテゴリ

コンテンツ

ブログ

 

メール会員登録

 

HOME»  鎌ヶ谷の歴史

鎌ヶ谷の歴史

総小金中野牧跡(野馬土手)(しもうさこがねなかのまきあと(のまどて))

江戸幕府は、軍馬を確保するため下総地方に小金牧・佐倉牧を設置した。市域の台地上のほとんどは小金五牧のうちの中野牧に属した。牧では最盛期には 1,000頭もの野馬が野放し飼いにされ、通常は餌などが与えられないため、野馬が村に入り畑の作物を食い荒らすこともあった。そのため、村人は野馬が 入ってこないように村と牧との境に野馬除けの土手を築いた。また野馬を水呑み場や捕込へ効率的に誘導するための土手(勢子土手という)が築かれた。これら を合わせて野馬土手とよぶ。なお、勢子土手は幕府の手当てにより作られたが、野馬除土手の築造、補修はすべて村の負担で行われたという。かつて野馬土手は 市内各所に所在していたが、開発等に伴い年々減少してきている。そこで、永く保護・保存するためにこの初富小学校校庭横に所在する野馬土手は捕込と共に国史跡に指定された。この野馬土手は勢子土手と呼ばれる種類の野馬土手である。
平成19年2月6日 指定(国史跡)